ごく一般的にフランス映畫と呼ばれているものの根底には、「官能」と共に、「空しさ」や「孤獨」など、人生のままならなさが流れているように感じられます。

今回ご紹介するのも、圧倒的な虛無感と気だるさに満ちた、フランス映畫風のネコ動畫です。主役のネコHenriが語る日々の生活、そして思い……それはまるでフランス版『吾輩は貓である』のよう。

聲明:音視頻均來自互聯網鏈接,僅供學習使用。本網站自身不存儲、控制、修改被鏈接的內容。"滬江網"高度重視知識產權保護。當如發現本網站發佈的信息包含有侵犯其著作權的鏈接內容時,請聯繫我們,我們將依法採取措施移除相關內容或屏蔽相關鏈接。

「ああ、私はまだここにいる……」物語は、Henriのこんなつぶやきで幕を開けます。

物悲しいBGMと共に彼の口から語られるのは、「私はどこへでも行ける……だがまだ留まろうとも思う」「15時間眠ったところで意味が無いんだ…… だっていつ起きたってそこには退屈しかないのだから」「私の管理人は美味しそうな食事を、ちょうど手の屆かないところへ置いておく……そのとき私は激しい孤獨に苛まれるのだ」などといった、ままならない日々に対しての、ぼやき。

さらにHenriは、共に暮らすペット仲間たちのことも、実に辛辣かつクールに講釈するのです。白ネコのことを「白のバカ」と呼び、インコやハムスターのことを「軽食」「アホども」と呼ぶ。そしてそんな奴らに囲まれて生きなければならない自分の運命を、彼は靜かに呪うのであります。

「だが、學んだこともある……それはバスルームにあるホイップクリームは本物のホイップクリームではないということ、私たちは自分自身から逃れられないということ、そしてネコ用扉は時々……閉まっているということだ」そしてHenriは今日も生きていく。自身のままならない運命を半分あきらめながら……。

點擊右上方“貢獻翻譯稿”,試試自己的實力吧!

>>戳這裏看更多全日語類文章<<