聲明:本文為節選,以下內容僅代表作者個人觀點,僅供參考。

通訳・翻訳のどちらを行う場合にも大切になってくるのは実は日本語力です。

不管是口譯還是筆譯,都會愈發顯現出日語能力的重要性。

ついつい外國語を學ぶ方に集中してしまい、日本語については「母國語だし、今さら改めて勉強なんてしなくても大丈夫」と油斷しがちですが、母國語であるがゆえに意識しにくい意外な落とし穴があったり、普段使っているラフな言葉遣いからとっさに切り替えが効かなかったりすることも。通訳や翻訳はオフィシャルな場で行うことが多いため、言葉遣いも重要です。日ごろから自分の日本語の言葉遣いについても意識的でありたいものですね。

我們會在不知不覺中專注於外語學習,對於日語卻容易掉以輕心,覺得它“反正是母語,事到如今也沒有重新學的必要”,正因為是母語,才會有難以意識到的陷阱,有時候在措辭上也沒那麼容易一下子從平時的隨意模式切換到翻譯模式。口譯及筆譯多在正式場合進行,因此遣詞用句也非常重要。所以希望大家平時就能有意識地注意下自己的日語措辭啊。

なお、このブログ「日本語を鍛えるために」でお勧めする內容は、日本語ネイティブの方でもそうでない方でも、日本語を鍛えたいすべての方にお勧めできる內容をお伝えしています。少しでも皆さんの學習にお役に立てれば幸いです。

另外,本博客《為鍛鍊日語能力》系列中推薦的內容,適用於所有想提高日語水平的人,不管日語是不是母語都沒有關係。若能為各位的學習盡上綿薄之力便是我的榮幸了。

日本語エッセイ(書き手は問いません)

日語散文(作者不限)

【四方a集運倉】

【四方a集運倉】

エッセイを書き手を問わずたくさん読むことをおすすめします!エッセイは、長い小説などと異なり、1,000字~2,000字などの短い文章で完結するので効果的に様々な表現を身につけることができるからです。(もちろん小説には小説の素晴らしさがありますが、ここでは「日本語表現を磨く」といった観點から述べています)

我推薦大家多讀散文,作者不限!散文和長篇小説等文學作品不同,內容全部濃縮在1000字~2000字之間的簡短篇幅中,因此可以有效掌握各種表達。(當然小説也小説的精湛之處,此處僅從“磨練日語表達”角度來論述)

例えば、畫家の東山魁夷のエッセイ。
・『泉に聴く』(講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)
・『風景との対話』(新潮選書)
などがその例ですが、自然の描寫方法が素晴らしく、日本語の表現力を磨くための參考になります。

比如,畫家東山魁夷的散文。
·《聽泉》(講談社文芸文庫—現代日本散文)
·《與風景對話》(新潮選書)
這些書就是例子,其中描寫自然的筆法很是出色,讀來有助於磨練日語表達能力。

どのエッセイが良いかですが、自分の好きな分野のものを選び、長く読み続けること。興味がないものを無理に読んでも長続きしないので。大切なのは、日本語表現を意識しながらずっと読み続けることです。

至於散文的選擇,其實只要選自己喜歡的領域,並長期堅持閲讀就行了。因為不感興趣的東西即便硬着頭皮去讀了也不會長久。重要的是在關注日語表達的同時堅持閲讀。

秦燕先生、ご推薦ありがとうございました。そういえば、東山魁夷のエッセイは昔、國語の教科書にも掲載されていましたね。(『風景との対話』の一部だったように記憶しています)再読してみようと思います。青空文庫などで無料で読めるエッセイもありますので、週末など時間が取れるときに小まめに読んでいこうと思います。

謝謝秦燕先生的推薦。説起來,東山魁夷的散文以前還被國語教科書收錄過嘛,(我記得是《與風景對話》中的一部分內容)哪天再拿起來重新讀下也好。青空文庫等地方也提供可免費閲讀的散文,我打算在週末等閒暇之餘細細品讀下。

新聞を読む(黙読でOK)

讀報紙(可默讀)

【四方a集運倉】

【四方a集運倉】

新聞の中でも、三面記事ではなく、「経済や國際関係など難しい內容の記事を1日1時間読むこと」。読んだ記事の分野の知識も一緒に身につけることができ、一石二鳥です。新聞はとても身近なお手本でもあり情報の寶庫です。最近は紙でもネットでもスマホでも読めますので、この機會に、ぜひ習慣化したいですね。

這裏指的並非是報紙上的社會新聞,而是“一天花一小時去讀經濟及國際關係等難度較大的新聞”。讀時還能順便掌握該領域的知識,可謂是一石二鳥。報紙既是身邊的文字模範,也是個信息寶庫。近來除了紙質報紙外,網絡及手機上也都能閲讀,希望大家務必借這個機會養成讀報的習慣啊。

下頁更精彩:如何提高日語表現力?