本期語法:ことだ/ものだ

意思:

ことだ

意味:(そのことが大切であると勧める時に使う)在勸告別人此事很重要時使用。應該,必須。
接續:動詞辭書型/ない型+ことだ
例句:人の悪口は言わないことだ。不要説別人壞話。

ものだ

意味1:(感嘆、嘆息、心に深く感ずることを表す)表示感嘆,嘆息,深感。
接續:(動詞/い型/な型)の名詞修飾型+ものだ
例句:時間のたつのは早いものですね。時間過的真快呀。

意味2:(感嘆、嘆息、心に深く感ずることを表す)表示感嘆,嘆息,深感。
接續:(動詞/い型/な型)の名詞修飾型+ものだ
例句:地震の時は、誰でもあわてるものだ。地震的時候,誰都會慌張的。

意味3:(助言、軽い命令を表す)勸告,輕度命令。
接續:動詞辭書型+ものだ
例句:人の話はよく聞くものだ。應該認真聽別人説話。

意味4:(過去の狀態やよく起こったことを思い出して言う時の表現)用於回想起訴説過去的情形以及經常發生的事時使用。
接續:(動詞/い型/な型)の普通型の過去+ものだ
例句:この辺は、昔は靜だったものだ。這一帶,以前很安靜。

分析:

譯文:那一帶到了秋天可還是非常美麗的。
病句:あの一帯は秋になるとそれは美しいことだよ。
訂正句:あの一帯は秋になるとそれは美しいものだよ。

① 「~ことだ」和「~ものだ」作為終助詞,常與「いや」、「ああ」等感嘆詞以及「よく」「よくも」等表示意外的副詞一起使用,都表示感嘆。但2者也不盡相同。

~ことだ一般用於表達對某事物的感情。
例:やれやれ、うちのダンナ様は世話の焼けることだ。哎呀,我家的老爺可真是一個麻煩的人。

~ものだ則表示對不以個人的意志為轉移的自然傾向、社會習慣、常識、習俗所產生的感慨,表示整理、普遍性的用法。
例:子供というものは元気なものだ。小孩子本來就是精力很充沛的。

② 兩者的另一個區別還在於~ものだ可以接在形容詞和動詞後面,而~ことだ主要接在形容詞的後面,很少接在動詞的後面。
例:彼は砂抜きのぜんざいなんて、よく食べるものね。(~ことだ×)他真能吃無糖的小豆粥。

③ ~ものだ可以用於有意外發現,或發現了迄今為止沒能發現的事物時產生的一種吃驚的心情。而~ことだ卻不能。
例:へえー、スキーて、意外に面白いものですね。(~ことだ×)啊,滑雪意外的有趣呢。

上述的病句中“あの一帯は秋になるとそれは美しいことだよ”表示的是那一帶是社會公認的秋天時節很美麗,而不是個人看法,所以用~ものだ。

練習:

1. いくらケーキが大好きだとはいっても、よく一度に三つも食べられる( )。
A.ことだ    B.ものだ

2. 何の( )、やっぱり彼女を見に來たんじゃないかと。
A.ことだ      B.ものだ

3. ずいぶんすごい細切れがあった( )。
A.ことだ    B.ものだ

4. 飛び出した子供を救おうとして、車にはねられるなんて痛ましい( )。
A.ことだ    B.ものだ

答案:

1. B 再怎麼喜歡吃蛋糕,一次吃三個也太能吃了。

2. A 不管什麼事,她果然還是應該來看看吧。

3. B 布片相當合適啊。

4. A 救救那些突然跑出去的孩子吧,令人心酸的車禍事件不應該再發生了。