本文為網友原創,僅供參考,如有錯誤歡迎指正。

中日酒文化の比較―宴席における「乾杯」文化を中心に

目次

はじめに
一、酒の起源および日本への伝播
1.1中國お酒の起源
1.2日本お酒の起源
1.3中國お酒と醸造技術が日本への伝播
二、中日酒文化の相違點
2.1酒の種類について
2.2酒の國民性について
2.3適量と過量について
2.4酒の飲み方とマナーについて
三、中日の宴席における「乾杯」文化
3.1中日「乾杯」について
3.2中日「乾杯」文化の相違點についての考察
おわりに
注釈
參考文獻

要旨

「古事記」の記載によると、日本古代の生産技術の多くが、渡來人たちによって朝鮮半島からもたらされ、また渡來人たちによって國內に普及された。これらの渡來文化のなかに、酒造技術もあったことが記録されている。
日本は,中國の近くに位置している。上の歴史に書かれたように両國は古代から交流してきた。日本は中國から技術を習うのと同時に、中國の文化もならってきた。それが故、各方面で,類似的な文化を持っている。しかし共通點がある反面,両國の間には大きな相違點も見受けられる。それぞれの社會環境や歴史的境遇によって、日本人は和の精神が強い。自分の意見や気持ちを相手に伝えたり、行動したりする時、相手の気持ちや立場を考慮しようとし、集団の中で「和」を重んじ、他人との摩擦を避けよとする傾向が強い。そして、酒を飲む時、一般に靜かで、他人の邪魔をしないとか、中國人は、敬意の表明として杯の酒を飲み幹すが、日本人は含蓄に親しみの気持ちで飲み方などで、各酒文化から反映した國民性とか読み方とかマナーには、微妙な差異がある。また、宴席でお酒を乾杯する時、日本人はもっと含蓄であるが、中國のほうは、ずっと直接であるように、中日の宴席における「乾杯」文化にもそれぞれの相違點が存在している。
本文を書く目的は、中日酒の起源、中日酒文化の相違點、宴席における「乾杯」文化の相違點などで比較分析しながら、もっと両國の酒文化について瞭解するとともに、以後の中日文化交流を促進するためだ。
本文は以上の目的で次の順番で展開するつもりである。第一章は酒の起源および日本への伝播、第二章は中日酒文化の相違點、第三章は中日の宴席における「乾杯」文化、第四章は終わりとして述べていこうと思う。

キーワ-ド:中日酒の起源 中日酒文化の相違點 宴席における「乾杯」文化

はじめに
5000年以上歴史を持っている中國と隣國の島國である日本は以前から交流してきたの故、各方面で類似的な文化を持っている。例えば、中日は一つ漢字文化圏である。つまり、日本文字中での漢字は中國の漢字を改造して自民族の文字として、今まで使っている。中國の儒家思想は日本に與える影響が多い。つまり、儒家思想の中では禮、仁、義、孝などと並ぶ、中日は全部禮を重んずる民族である。しかし、両國は共通點がある反面、大きな相違點もある。長年來、日本をよく理解するために、いろいろな面から研究した文章が発表されている。例えば、彭広陸氏の『日本料理名の比較』、潘釣氏の『日本人の漢字観の変化』、などの文章がある。言うまでもなく、中日の酒文化について研究した文章も多くある。中日は以前から交流してき、その中でも酒の醸造技術も日本へ伝播した歴史資料も多くあるけれども、両國のお酒についての文化には多くの相違點がある。例えば、中國人はよく相手に多く飲んでもらいたいと思うことがあり、お客が多く飲めば、主人は喜び、自らを重く見ていることを示す。仮にお客が酒を飲まなければ、主人は顔をつぶされたと感じる。日本人は、よく相手の気持ちや立場を察して、それも考慮に入れて、発言したり、行動したりする傾向が強い。日本人は「乾杯」とは言うが、杯の酒を飲み幹すではなくて、お好きなだけ飲むことだ。
本稿では、もう研究した中日の酒文化についての研究內容を參考する基礎の上で、中日のお酒起源の繋がりを述べ、中日を酒文化を比較しながら、その中でも両國酒の種類、國民性、酒の飲むマナーなどの違うによって、宴席における中日の違う乾杯文化を分析するつもりである。

一、酒の起源および日本への伝播

1.1 中國お酒の起源

中國における酒の歴史はかなり古い。酒の起源は、「戦國策」によると、紀元前2200年(約四千年前の夏の時代)禹王の時代に儀狄(中國の酒の神と崇められる人)が穀類の酒を造り、王に獻上したのが始まりとされている。しかし、禹王はこの酒のうまさと酔い心地に驚き、後世のものは必ずこの美味のために家庭もしくは國家を滅ぼすに違いないと案じ、酒をこの世間から覆い隠し、直ちに儀狄を追放してしまった。もう一説によると、周の時代(紀元前1000年)に杜康という人が、今日我々が飲んでいるような酒を造ったとされている。さらに神農(三皇の一人で醫學、農業などの神様)の時代、もうすでに酒が作られていたという伝説さえもある。しかし、世間では「杜康造酒」という説が最も有力で広く伝えられている。また、「杜康」は酒の代名詞として今日も使われてあり、日本では酒造りの職人を「杜康」と呼んでいる。

1.2 日本お酒の起源

揚子江起源説によると、日本列島に住む人々がいつ頃から米を原料とした酒を造るようになったのかは定かではないが、稲作、とりわけ水稲の耕作が定着し、安定して米が収穫できるようになってからのことである。中國大陸揚子江流域に紀元前4800年ごろ稲作が始まり、ここで造られた米酒が日本に輸出されたのが日本酒の起源とする。また、『魏志倭人伝』によると、日本に酒が存在することを示す最古の記録は、3世紀に成立した『三國志』東夷伝倭人條(いわゆる魏志倭人伝)の記述に見られる。同書は倭人のことを「人性嗜酒(さけをたしなむ)」と評しており、喪に當たっては弔問客が「歌舞飲酒」をする風習があることも述べている。

1.3 中國お酒と醸造技術が日本への伝播

「古事記」の記載によると、日本古代の手工業生産技術の多くが、渡來人たちによって朝鮮半島からもたらされ、また渡來人たちによって國內に普及された。これらの渡來文化のなかに、酒造技術もあった。また、縄文中期まで、貝や魚、鳥獣肉と雑穀を食べていた日本に、中國・揚子江下流域から北九州福岡県の板付や、佐賀県の菜畑に稲作が伝えられたのは縄文後期のことだと記述されている。「戦國策」によると、2000年前 秦の始皇帝の秦の家族の子孫は先進技術などの酒を持って、江蘇省、浙江米や原材料の稲の栽培技術の近くに醸造技術を日本に広めるために日本へ渡った。中國・揚子江下流域から北九州福岡県の板付や、佐賀県の菜畑に稲作が伝えられた日本は、稲の実・米を主食として定着すると、人びとはご飯からも酒を造ることを試みたと具體的に記述されている。
歴史資料に基づいて見ると、日本酒の起源は中國の酒であり、中國お酒と醸造技術が日本への伝播したのだ。しかし、中國の醸造技術とお酒文化が日本へ伝播する過程で、社會環境や自然環境によって、各酒文化から反映した國民性とか読み方とかマナーには、微妙な差異がある。各國経済の発展にしたがって、酒の種類も多くなり、飲み方にもいろんなルールとか、マナーがあり、宴席における「乾杯」文化にもそれぞれの相違點が存在している。

二、中日酒文化の相違點

2.1 酒の種類

中國の酒は大きくいって白酒と老酒に分かれる。色で分類するのはいかにも即物的だが、「白」は白色ではなく無色透明の意で蒸留酒のことだ。有名なものには「マオタイ酒」(53度)をはじめ「五糧液」(60度)「汾酒」(50~60度)などが有名だ。
黃酒は醸造酒でコハクいろからきた名前で、老酒とも言い、よく熟成したという意味から來たものだ。なんといっても紹興酒(13~18度)が有名で、地域的には長江以南が多いである。「白酒」は高梁(コウリャン)・とうもろこし・キビ・米・麥など多彩な原料からつくられる蒸留酒である。アルコール度數は 30ー60度で、代表的なものとして、茅台酒、汾酒、老窖酒などがある。「ビール」は代表的なものに、青島ビール、燕京ビール、金士百ビールなどがある。「果酒」は葡萄酒やりんご酒など果実を原料として造る醸造酒と、白酒をベースに果汁を配合してつくるお酒の総稱である。全體的に味わいが濃厚で甘口であることが大きな特徴である。「薬酒」はもとは不老長壽を願って、白酒、黃酒、果酒に漢方の薬材 などを漬け込んで作られたもので、氷砂糖を加えた甘口のものもある。
日本の主な酒には醸造酒・蒸留酒・混成酒に分けられる。
醸造酒は単発酵酒と複発酵酒に分けられ、複発酵酒は単行複発酵酒と並行複発酵酒に分けられる。単発酵酒は原料中に糖分が含まれており、直接発酵するものである。複発酵酒は穀物などデンプン質のものを原料とし、糖化の過程があるものである。
単行複発酵酒は糖化の過程が終わってからアルコール発酵が行われるものである。たとえば、ビール、発泡酒などがある。並行複発酵酒は糖化とアルコール発酵が同時に行われるものである。清酒などがある。
蒸留酒は醸造酒を蒸留し、アルコール分を高めた酒である。例えば、ウイスキー、ラム、テキーラ、ウォッカ、白酒などがある。混成酒は酒(蒸留酒が主に使われる)に他の原料の香り・味をつけ、糖分や色素を加えて造った酒である。たとえば、果実酒、ロゼワイン、黃酒、合成清酒などがある。

2.2 國民性

日本人と中國人は、共に、稲作畑作を主にする農耕民族である。その點、一カ所に定着して動かないのを好むとか、集団・団體行動を好むとか、相互の一體感、心理的結合、人情を重んじ、縁故を重視し、ジメジメ、ベタベタしたウェットで女性的、母性的性格を持つ點では共通しているように、國民性が同一である部分もあるし、違っている部分も多くある。具體的に例をあげると、自分の屬する內集団、すなわち親密感、一體感を持てる「ウチ」と見なす範囲がどこまでか、についてが大きく異なる。中國人の場合、「ウチ」の範囲は、千年以上にわたって続いてきた父系血縁集団の系譜內に限定される。同じ姓を持ち、同じ血縁集団の中に含まれている相手との間は、温かく、親密な身內の関係になる一方で、父系の同一血縁に屬さない他者は、大體「ヨソ者」である。しかし、日本人は集団主義が強くて、父系血縁集団の系譜內に限定される。同じ姓を持ち、同じ血縁集団の中に含まれていなくても、親密な身內の関係になり、いつも集団のために頑張る意識を持っている。この部分を取り出すと、中國人は、個人主義者に見えるが、実際は、強い帰屬意識を持つことだ。
國民性について大まかに言えば、日本人は、よく相手の気持ちや立場を察して、それも考慮に入れて、発言したり、行動したりする傾向が強い。それより、中國人は、少し自分の意志を相手にぶつけて強く自己主張するようである。宴席でお酒を飲む場合も中國人の言う「乾杯」は、必ず杯に注がれた酒を一息に飲み幹さなければならないが、日本人のいう「乾杯」とは基本的に異なる。「乾杯」とは言うが、必ずしも杯の酒を飲み幹す意味ではなくて、「お好きなだけ」ということだ。
日本では和の精神が強い。自分の意見や気持ちを相手に伝えたり、行動したりする時、日本人は相手の気持ちや立場を考慮しようとする。日本人は、集団の中で、「和」を重んじ、他人との摩擦を避けよとする傾向が強い。そして、酒を飲む時、彼らは一般に靜かで、他人の邪魔をしない。酒は、人間関係を潤滑できて、儀禮表現の媒介である。が、國民性によって、義理表現は、日本人は、もっと含蓄であるが、中國のほうは、ずっと直接である。

2.3 適量と過量

「乾杯」という言葉は、中日両國はよく使われる。しかし、中國人が言う「乾杯」は、必ず杯に注がれた酒を一息に飲み幹さなければならない。これは、日本人が言う「乾杯」とは基本的に異なる。日本では、「乾杯」とは言うが、必ずしも杯の酒を飲み幹す意味ではない。「お好きなだけ」ということのようである。また、中國には相手に酒を勧めるという習慣がある。宴會の席では、友達の間や主客の間において、お互いに「もう一杯どうぞ」と酒を勧め合う。このような習慣によって、相手に対する自分の思いやりと友情の気持ちなどを表現したり、伝えたりする。
でも 日本では、無理に勧めることをしなくて、人々それぞれ自分の「酒の量にあわせて」、酒を飲むことが多い。つまり、中國人は、酒を飲む時には「過量」にたしなみ、日本人は「適量」をたしなむと言うことだ。このような酒文化の習慣の違いは、まさに日本、中國のそれぞれの國民性をよく反映していて、「過量」は、中國人の持つ豪快で、直接的且つ素直な性格を、「適量」は、日本人の持つ婉曲で、一歩下がって他人を考え常に和を好むという性格もよく表わしている。

2.4 酒の飲み方とマナー

中日の文化や思想が違うので、両國の飲み方や飲む禮儀も違うである。「禮記」には、「酒を以って禮をなす」と述べている。つまり、酒は禮の表現形式の一つだということだ。具體的例を挙げて見ると、
1.「マイ・ペースで飲んではいけない」というタブー 
飲む場合には必ず誰かと乾杯をしなければならない。目と目を見交わせながら飲むのが中國流の宴會の基本である。日本人の乾杯は宴會の始まるときだけで、後は皆自分勝手に飲む。ところが、中國人は必ず誰かを誘って一緒に飲む。「乾杯」というと日本人は杯をあげて適量飲む。どころが、中國人は文字通り杯を乾かすのが飲み方である。 だから、一滴も殘らないように全部乾かしてしまわなければならない。 
2.「絶対に酔っ払ってはならない」というタブー
中國人の宴會では、どれだけ酒を飲まされても酔った様子を表に出してはいけない。宴會が終わるまでシャンとしなければならない。すなわち、たとえ酒の場であっても絶対に緊張をくずさず、最後まで崩れない人こそが、中國の社會では尊敬されるのだ。だから、うっかり気を緩めて泥酔でもしようものなら二度と宴會に呼ばれないようになる。日本人の場合は、どうもこれと正反対のようだ。お好きなだけ飲むことだ。

三、中日の宴席における「乾杯」文化

3.1 中日乾杯について

中國乾杯
中國では、敬意の表明として杯の酒を飲み幹すという文化がある。宴席で何度も行う乾杯には、基本的にアルコール度數の高い白酒とかビールを使う。乾杯用には、小さいグラス(“小酒杯”という)を用いる。飲んだ後で、相手に向けて杯を傾け底を見せたり、逆さにして、飲み幹したことを示す習慣がある。ただし、「乾杯(カンペイ)!」を発聲した人が直後に「隨意(スイイー)」と言ったときには、飲み幹さなくてもよい。円卓での宴會では、客と招待側とが同數で交互になるように着席する。乾杯は、招待側の要人が始め、次に客の主賓が行うというように、交互に、やや時間を空けて行うことが多い。當然、乾杯の前に簡単なスピーチが要求される。このとき、もし漢詩が詠めれば、尊敬される。

日本の乾杯
日本における乾杯は、代表者の音頭と共に、おもに酒を注いだ杯(グラス)を掲げ、「乾杯」を唱和してグラスを掲げ、飲む行為。おもに會食や酒宴の初期に、食事や飲み物に手をつけていない段階で行われる。食事を開始するきっかけとして行われることが多い。おもに慶事の場合に行われ、弔事においては獻杯(けんぱい)と呼び変えられる。
古代に神や死者のために神酒を飲んだ宗教的儀式が起源らしく、転じてやがて人々の健康や成功を祝福する儀禮に変化した。現在の様式は日本國內で行われていたものではなく、海外から持ち込まれたものである。乾杯や獻杯は、マナー・しきたりの一種であって、地域によって格段の差があるわけではない。厳格な手順に沿わないからといって指摘や抗議をされることは少ないが、頻繁に行われる行為なので、その地域のマナーや風習を理解することが必要とされる行為である。
また、神前結婚式での新郎新婦の二人による三々九度など、多數の人間によって行われるものでなくとも、祈りや祝いといった同様の行為を伴う場合、乾杯に分類されることもある。なお、厳密に分類する場合は、會食・酒宴によらない場合は別のものとされる。

3.2 中日「乾杯」文化の相違點についての考察

日本と中國は同じアジアの國なのに、お酒の飲み方がずいぶん違う。日本人の場合は自分が飲みたい時に飲みたい分だけ飲むが、中國人の場合は誰かがお酒のコップを持つとそのたびに乾杯をし、半分または全部飲む。お酒が減ればまた継ぎ足し、乾杯する。
中國人の宴會では宴會とは娯楽ではなく自分がいかにしっかりした立派な人間であるかを証明するため、ある意味に於いては「戦の場」なのである。ですから、絶対に酔ってはならない。我慢競爭に勝ち続けることが、中國社會では尊敬される條件なのである。何度も同じ人に宴會で會いその人物が酔わずにいつもたわいのない話をしている姿を見て「なるほど、この人と一緒に仕事をしても安心だ」と判斷する現象もある。だから中國人の社會において宴會に呼ばれなくなるというのは社會的な死を意味することだ。
中國においては、お酒は乾杯してほとんど一気に飲み幹すが、日本ではビール、焼酎、日本酒、ワインなどは香りと舌觸りを楽しみながら、少しずつ飲むことだ。日本でも中國でも最初に乾杯する事は一般的なようだ。日本語でも「乾杯」と言うが、日本では、これは一気に飲み幹すではなく、飲み幹さない場合「隨意」も含まれる。中國ではお酒を飲む際に、毎回乾杯する事は禮儀だが、日本では必ずしもそうではなく、最初の一杯だけみんなで乾杯して、その後は自分のペースでめいめいに飲むことが多い。ただ、自分でお酒を注ぐではなく、部下は上司に対し、女性は男性に対して、相手に次いであげるのが日本の習慣である。

おわりに

両國の酒文化背景、発展過程、地理環境、國民性の違いによって、酒の飲み方とマナーには多くの違う點が存在する。中國においては、お酒は乾杯してほとんど一気に飲み幹すが、日本ではビール、焼酎、日本酒、ワインなどは香りと舌觸りを楽しみながら、少しずつ飲むことだ。日本でも中國でも最初に乾杯する事は一般的なようだ。日本語でも「乾杯」と言うが、日本では、これは一気に飲み幹すではなく、飲み幹さない場合「隨意」も含まれる。中國ではお酒を飲む際に、毎回乾杯する事は禮儀だが、日本では必ずしもそうではなく、最初の一杯だけみんなで乾杯して、その後は自分のペースでめいめいに飲むことが多い。
中國人が言う「乾杯」は、必ず杯に注がれた酒を一息に飲み幹さなければならない。これは、日本人がいう「乾杯」とは基本的に異なる。日本では、「乾杯」とは言うが、必ずしも杯の酒を飲み幹す意味ではない。「お好きなだけ」ということのようである。また、中國には相手に酒を勧めるという習慣がある。宴會の席では、友達の間や主客の間において、お互いに「もう一杯どうぞ」と酒を勧め合う。このような習慣によって、相手に対する自分の思いやりと友情の気持ちなどを表現したり、伝えたりする。
両國の酒飲み方とマナーなどが違うといっても、目的は一緒だ。感情を交流するために、みんなは一緒にお酒を飲むことだ。グローバル化とともに経済が飛躍的に発展に従って、異文化間コミュニケーションする機會も多くなって來る。本稿のように、中日酒文化の比較も実は、異文化間コミュニケーションで、お互いに理解すると、異文化間のコミュニケーションにおいて誤解などが生じる可能性が低くなり、その中で、もっと飛躍的に発展される。

參考文獻

1. 上田正昭 『古代の日本と渡來の文學』 學生社1997年3月1日
2. 秋山裕一 『日本酒』 巖波新書 1194年7月5日
3. 『酒の中國文化』 甲南大學 國際言語文化センター
4. 山本祥朗『酒.さけ事典』 大修館書店1988年12月20日
5. 國府田宏行 《日本酒物語》 日本大寶石出版社 1999
6. 楊榮華 《日本清酒的歷史》 商務印書館 2005
7. 何滿子 《中國酒文化》 上海古籍出版社2009

點擊右上角應用欄中“貢獻翻譯稿”,試試自己的實力吧!